医 療

リアルハプティクス®により
触覚情報をデータ化、再現!

事業者名
北海道大学 量子集積エレクトロニクス研究センター、
日本ユニシス株式会社、株式会社テクノフェイス、
慶應義塾大学 ハプティクス研究センター、モーションリブ株式会社、
株式会社AnchorZ

※リアルハプティクスはモーションリブ株式会社の登録商標です。

※リアルハプティクスはモーションリブ株式会社の登録商標です。

プロジェクト概要

リアルハプティクスとは力触覚伝送技術で、同時にアクチュエータの力加減を自在に制御することができる技術です。この技術により、力センサレスで力触覚をともなう「計測可視化・分析」「遠隔操作」「自動化」「感触の再現・VR」が可能となります。

https://www.motionlib.com/open_in_new

ロボット等のアクチュエータにリアルハプティクスを適用することで、触ったモノの感触を瞬時にデータ化し、遠隔地に伝送したり、再度感触に戻して人に体験させたりすることができます。

https://www.youtube.com/watch?v=
dMuOMHbDO1Mopen_in_new

ICチップ「AbcCore」を使用することで、幅広いアクチュエータ (電動・油圧・空気圧) にリアルハプティクスを適用できます。また力センサ無しで力を計測できるため、破損による故障の心配が少なく、コスト削減が期待できます。
(製造販売:モーションリブ株式会社)

本プロジェクトでは、リアルハプティクスを仮想現実技術やネットワーク技術と組み合わせることにより遠隔医療における高度な触診医療への応用を進めています。

リアルハプティクス®により
触覚情報をデータ化、再現!

お問い合わせはこちら

CEATEC2021
ONLINE NEDOブース
COMING SOON